福祉経営情報
福祉経営情報
文書作成日:2019/12/31


 高齢化の進展により、65歳以上の介護保険の第1号被保険者(以下、1号被保険者)数は増加しています。ここでは1号被保険者数と要介護(要支援)認定者数を都道府県別にみていきます。




 2019年8月に厚生労働省が発表した報告書(※)によると、全国の1号被保険者数は増加を続け、2017年(平成29年)度末で3,488万人となりました。前年度から1.4%の増加です。また人口に占める割合は28%程度となっています。都道府県別の状況は下表のとおりですが、各地の人口の多い地域で100万人を超えています。
 1号被保険者に占める要介護(要支援)認定者(以下、認定者)数は628万人で、前年度より0.6%の減少となりました。






 認定率(1号被保険者に占める認定者の割合)は、全国計で18.0%でした。都道府県別では、和歌山県が21.8%で最も高くなりました。その他、大阪府や島根県、長崎県、愛媛県、岡山県、京都府で20%以上になっています。
 最も低いのは埼玉県で、14.6%でした。


 ここで紹介した都道府県以外にも、市町村別等のデータが発表されています。興味のある方は、自施設の所在地の状況を確認されてはいかがでしょうか。


(※)厚生労働省「平成29年度介護保険事業状況報告(年報)
 介護保険事業の実施状況について、保険者(市町村等)からの報告数値を全国集計したものです。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。

お問合せ
 甲斐税理士事務所

 〒810-0022
 福岡市中央区薬院4-1-7 
 薬院プライムビル4F
 TEL:092-533-1500
 FAX:092-533-1501
 メールでのお問合せ