医療経営情報
医療経営情報
文書作成日:2022/04/30

 ここでは2022年1月に発表された調査結果(※)などから、都道府県別の就業看護師数を人口10万人対の数字でみていきます。

 調査結果によると、2020年の全国の就業看護師数は約128万人で、前回調査の2018年から5.1%増加しました。2012年に100万人を超え、その後も増加を続けています。

 次に人口10万人対の就業看護師数を都道府県別にまとめると、下表のとおりです。

 全国は1,015.4人となり、1,000人を超えました。都道府県別では高知県が1,623.4人で最も多く、鹿児島県と佐賀県が1,400人台で続いています。最も少ないのは埼玉県の736.9人で、千葉県と神奈川県も700人台となりました。

 2018年からの増減率は、すべての都道府県で増加となりました。中でも岐阜県だけが10%以上増加しました。次いで沖縄県と栃木県が8%台の増加です。最も低いのは京都府の1.6%で、大阪府も1%台でした。

 人口10万人対の就業看護師数は全都道府県で増加しています。看護師不足解消のためにも、今後も増加が望まれます。

(※)厚生労働省「令和2年度衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況
 隔年で行われる看護師等の就業医療関係者に関する調査です。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。

お問合せ
甲斐税理士事務所

〒810-0022
福岡市中央区薬院4丁目6番22号 
トーカンマンション浄水通り2F
 TEL:092-533-1500
 FAX:092-533-1501
 メールでのお問合せ